バージンフェラは歯のあたり、舌触りが気持ちいいオナホ!

 

「バージンフェラって、本当にフェラ感があるの?」と気になったことはありませんか?

 

フェラ感をウリにしているオナホはたくさんあるため、実際のところどうなのか気になりますよね。

 

そこで今回は、バージンフェラのレビューを中心に取り上げながら、5つの特徴、商品スペックについてまとめてみました。

 

記事を読み終える頃には、バージンフェラがどのようなオナホなのか理解できるだけでなく、どのくらいフェラ感があるのか把握できるようになります。ぜひ参考にしてください。

 

バージンフェラの体験談レビュー

この項では、バージンフェラの体験レビューをご紹介していきます。良いレビューだけでなく、悪いレビューも取り上げてみました。使用感がわかるものばかり集めましたので、ぜひ参考にしてください。

 

フェラ感をしっかり感じられる逸品です。リアルさは平均よりかなり上だと思います。

やはり歯が付いていると、うまい具合にペニスを引っ掻いてくれて、より快感が増します。

 

ただ、使って3ヶ月くらい使っていたら、上の歯が取れてしまいました…。
まあ、それはフェラホならしょうがないので、十分に満足できる作品であるし、また買おうと思います(笑)
引用:NLS

 

歯が付いているオナホって、すごくいいですね。今まで普通のオナホしか使ったことがなかったので、軽く歯が当たる感覚にはまってしまいました。僕はハード系のオナホがダメなので、ヴァージンフェラの緩くてねっとりした感覚がちょうどいいです。

 

舌触りのざらつきもリアルで、優しくフェラされている気分になれます。値段も高くないですし、もし壊れてしまってもすぐ買い替えられますね。他の人の口コミを見ていると、歯が取れたという内容があったのですが、いまのところ大丈夫です。たぶん、激しく使うと取れてしまうんだと思います。普通のオナホしか使ったことがない人なら、十分満足できるんじゃないでしょうか。

 

初日で下の歯がちぎれてしまいました。

耐久性には難ありかと思います。
ちぎれる前はすごく気持ちよかったのですが、ちぎれると一気に半減します。残念です。
引用:amazon

 

とにかく見た目が生々しいです。初めて見た時ちょっとびっくりしました。歯が当たると痛いかなと思ったのですが、想像していたより痛くなかったですね。普通に挿入するならあそこを傷つけることはないんじゃないかな。

 

大きさもちょうどいいですし、保管場所に困ることもないので気に入ってます。ハードなオナホではないので、人によって物足りなさを感じることもあるかもしれませんが、性能は全く問題ないですね。毎回イカされますし、若干激しめに使っても破れたりはしませんでした。AV見ながらじっくり時間かけて抜きたいときは手放せません。

 

作り具合はかなり良く、使っていて気持ちいいです。

歯の部分が抑えの役割にもなり、離してくれません。
舌のざらつき感も良く、粘着質の薄い温感ローションと一緒に使用すると相性が良く、使用する際はそちらもあると良いかな。
悪い部分を挙げると、耐久度でしょうか。特に歯の部分は後処理や使用中のやり方によっては外れます。
素材を生かした気持ち良さだったので、仕様と考え、使い捨てと割り切って購入すればあまり損はないかもしれませんね。 難しいけど、今後の作品に期待したいです。
引用:FANZA

 

 

固めの歯がコリコリしてたりザラザラの舌が絡みついていて視覚的にも気持ちよかったけど激しく使った結果、歯が千切れて気持ちよさが落ちてしまった。また気が向いたら買おうと思う。

P.S.オナホ本体とローションをコタツで温めてから使うととんでもなく気持ちいい
引用:amazon

 

初めて持った時、ちょっとずっしりしていたので手がだるくなるかと思っていたのですが、実際には気にならなかったです。一番期待していた歯については、ちょうどいい刺激で気持ちがいいと思います。全然痛くなかったですし、すぐに抜け落ちてしまうこともありませんでしたね。

 

リアル感を出すために薄めのコンドームをつけてしごいてみたとき、本物の女性にフェラされている感覚に近くてビックリしました。視覚的にエロいですし早漏気味ということもあって、我慢できずに高速ストロークで大発射してマジで良かったです。

 

素材が柔らかいので丁寧に扱う必要はありますが、そこだけ気をつければしばらく愛用できると思います。

バージンフェラの特徴

バージンフェラの特徴を5つピックアップしてみました。素材、性能・機能、使用感などを中心に、詳しくお伝えしていきます。ぜひ参考にしてください!

 

 

初フェラのぎこちなさをじっくり堪能できる

 

バージンフェラのモデルになっているのは、初めてフェラする女の子です。ぎこちないフェラを演出するために、わざと口の開き方を狭くして歯が当たるようにしています。

 

口の中に指を入れて広げることはできますが、ロリコン好きはあまりのリアルな演出に大興奮して即イキするかもしれません。また、イマラチオ好きなら、強引にペニスを挿入して楽しむのもアリですし、リアルな舌先で尿道を刺激することもできます。

 

甘噛みしながら程よく吸い付いてくれる

 

バージンフェラの喉側は、緩めの構造になっています。そのままでも心地よさを感じますが、根元を抑えるとバキューム力がアップするため、甘噛みされながら吸い付いてもらうことが可能です。

 

また、更に刺激を強めたいときは、歯に裏筋をこすることをおすすめします。このとき、空気が抜けないように注意すれば、フェラっぽさが増してより楽しめるはずです。

 

奥歯まで生えているリアルなフェラホール

 

市販されているフェラホールの中には、奥歯まで付いていないものがあり、喉奥まで挿入したときに物足りなさを感じることがあります。一方、バージンフェラの場合、弾力性のある奥歯までついているため、そのことがフェラ感をより高めてくれているのです。

 

フェラ感の高さを謳っているフェラホの中で、バージンフェラほどこだわっているものはそれほど多くはありません。少し強めに挿入してもペニスが傷つくことはないため、安心してガツガツ突いてみてください。

 

温めたローションを使うと生フェラに近い感覚が味わえる!

 

これまでお伝えしてきたとおり、バージンフェラは見た目、挿入感ともに超リアルです。しかし、更にフェラ感にこだわるなら、温めたローションを使ってみてください。唾液を絡めながらフェラされている臨場感を味わうことができます。

 

他のフェラホの場合、バージンフェラほどリアルな構造ではないため温めたローションを使ってもそれほど興奮しませんが、バージンフェラはちょっと違うのです。

 

少したっぷり目に温めたローションを使うと、口角からよだれを垂らしながら女の子がフェラしてくれている感覚に陥ります。ちなみに、電子レンジで温めるとやけどすることがあるため、湯銭などで体温程度に温めてください。

 

横ひだと縦ひだがペニスにしっかり絡みつく

 

バージンフェラの内部構造は、主に縦ヒダと横ヒダです。挿入口は縦ヒダとなっていますが、奥に進むにつれて横ヒダへと変わっていきます。そのため、挿入時はスルリとペニスを吸い込んでくれるものの、だんだんとペニス全体にヒダが絡みついて抵抗が強くなるのです。

 

しかも、喉チンコの突起を越えると亀頭の締め付けが強くなります。亀頭責めが弱い人は、数回ぎゅんぎゅん出し入れしただけで果ててしまうはずです。また、喉奥で発射するとほどよいバキューム感があるため、ごっくんを疑似体験できます。

バージンフェラの販売店と最安値情報

NLS:2,829 円(税込)
FANZA:3,283円(税込)
大人のデパートエムズ:2,808円(税込)
Amazon: 3,386円(税込)

 

 

 

 

バージンフェラのスペック情報

タイプ:非貫通
サイズ:幅150×奥行60×高さ65(mm)
重さ:410g
素材:硬化エラストマー
製造会社:Tamatoys(タマトイズ)